スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.06 Monday | - | - | -
大概オッサンなのに
■たまたま手に取ったKleptimaniacのミニアルバム("Choose Your Smoke Type")は、そーんなに目立ったサービスもせず、彼女の個人的なツボのノイズやらアンビエントやらが過剰に低音フィーチャーなビートの中でうごうごしているインストゥルメンタルだった。それでも今このミニアルバムを流しっ放しにしているのは、何となくアクセスしてみた彼女のホームページに散らばっているアートワークに見惚れていたら、ある時急にこの音源までもが恐ろしく格好良いものに聴こえ始めたから。

■この音源を耳にしているかどうか、それはここでは特に重要な問題でもないけれど、念のためKleptomaniacの紹介をしておくと、Think Tank率いるブラックスモーカー・レコーズの一味(現在はWAGINASSというグループでの活動が主なようだが)。ブラックスモーカー関連作品のアートワークを数多く手掛けていたりする人(あとはHP参照:http://www.kleptomaniac.jp/)だが、その一方でトラック製作も行っている(リズムの歪さは勿論まず真っ先にKiller Bongを想起させるが、キラボンが音像への神経質な拘りを時折垣間見せるのに対し、割かしあっけらかんとした作風だと感じた)。

■最も魅力を感じたのは、彼女が音楽以外にも複数のアウトプットの手段を持っているという事(本人にしてみれば失礼かも知れないけど…)。よく「マルチな才能」という言葉で片付けられる事柄だけれども、時々重要な効果をもたらす事もある。

■音楽が単なる音楽なのではなくて、音楽外的なもの…例えばKleptomaniacの場合は絵だったりする訳だけれど、そういうものがある中で、音楽が相対的に輪郭を持ったとき、異様に格好良く聴こえる。例えば身内が音楽をやっているのを目の当たりにした時に「お、スゲー!」と思う(クオリティはある程度度外視出来る)、この時にも同じ現象が起こっている気がする。その人の生活ぶりやヒトとなり、その他諸々を知っていればこそ表現の輪郭がつかめるというケースがある。

■生活感の話は何度かコラムでもしているけれど、ホモッ気ものぞき趣味も無い自分がなぜヒップホップに滲み出る「生活感」なんぞに惹かれるのか、ふと不思議に思った事がある。歌ってるのが20代半ば〜30代前半(個人的なストライクゾーン)の可愛らしい女性ならばまだしも、ラッパーなんて大概オッサンなのに!

■そのヒントもきっと、今述べたような部分にある気がしている。いかにバックグラウンドを上手く切り取って見せるか。それが成功している場合の魅力を今まで「生活感」という言葉で呼んできたのだけれど、要するにそれは、表現に輪郭を持たせる一つの方法なのではないかと思う。欲を言えばそれが衒いなく自然に成功していて欲しい。常に音の事だけ突き詰めて行く事が説得力を増すとは限らないのかもね。



文:歪R
(http://blog119.fc2.com/wanir/)
2007.11.18 Sunday | ジャムパン買って来い。今すぐ。 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2009.04.06 Monday | - | - | -
<< カンサイィィィ!の一体化現象 | main | 気付け/築け feat. V.A. >>
コメント
コメントする