スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.06 Monday | - | - | -
夏の特大レビュー的な、何か。
Nitro Microphone Undergroundの"Straight From The Underground"の話である。

何を隠そう真性ニトロ厨である。というのはスタッフブログでも何度か公言しているけれど、COMPASSライター陣の中ではナンバーワンのニトロ厨だと自負している。だから思った。セカンドの話がしたくてたまらない。だが、オレのこのニトロ魂はテーマレビューなんかの枠ではぜってぇ収まんねぇ。という事で、コラムのスペースを使ってセカンド・アルバムについてビシビシ語ってみようと思い立ち執筆に至る。

■中学生の時、S-WORDが何かのインタビューで口にしていた、「俺はヒップホップに生活感を感じちゃったんだよね」という言葉を「何となくカッケェー!!」と思って、この間から何となくその言葉を反芻しているため、最近レビューなどにも出てきまくる訳である。

■ちょっと前、「曲の向こうにそいつのライフスタイル、現実の核が見えないものはヒップホップじゃない」と言ったラッパーがいた気がする。きっとそういう人にニトロは鼻で笑われがちなんだろうけれど、ライフスタイルを「いかにもライフスタイルっぽいモノ」とか、「生活臭漂うモノ」にしか見ないのも如何なものかとは思う。自分の思う「生活」っぽさを投影したいだけなんだとすればあまりに滑稽な言い分だし、それで《ヒップホップ》を定義しようだなんて、ねぇ…。USでマスタリングがてら買い物、12箱ものダンボールを日本に送らせたMC集団が、生活感なんて、ねぇ…。

■最近は、この無機質でバキバキな2ndアルバムも、よーく聴いていると、ある意味「生活感」のアルバムに聴こえなくもない。中でも、マッカチンのイナタいビートが冴える"Thrill Flight"が大好きだ。「映画の続きが見てぇだけ!」というSUIKENのラインは何度聴いてもニヤっとする。いくら何でも「自家用ジャンボ」はフィクションであるにしろ、国際線の空港だとか、機内の空気だとかは、彼らにとって普通に生活に染み付いているモノなのではないか?それならば、生まれ育った街だとか「フッド」だとかの事を歌うよりも、ヒコーキの事を歌っている方が、彼らにとっての「現実の核」を見せているのではないか?と。他にも"Straight From The Underground"、"Highest Floor"、"10%無理"、"ナイバビFive"辺りは判りやすくそれが滲み出ているし、その他の楽曲も、リリックはただの言葉遊びであるにしても、「響きのカッコ良さ」「思い切りの良さ」だけで済ませるのは勿体無いような魅力がある。

■重要なのは、ニトロの音楽に何らかの生活感が感じられるとして、それが意図されたものでなく、クールである事、ドープである事を追求した結果滲み出てしまっている、ということだ。

■1999年から2000年。ファーストアルバム "Nitro Microphone Underground" で東京に出没した根無し草的フンイキの8MCは日本語ラップ界に衝撃を与えた…と、言われている。勿論日本語ラップ的にクラシックだったのは事実だが、必ずしもニトロとしての最良の解答ではないのかも知れないという気がしている。あの作品はファーストなのであって、ひとつの事件として発生する事に意義があった。要するに、ファーストは「ペイジャーと雷の子供」たちがゾロゾロ集まった瞬間に出来上がったアルバムなのであって、そこには必ずしもニトロとしてのビジョンが収められている訳ではない。

■途中 "Nitrich" "Uprising" などを挟み、2004年にセカンドは完成。第一章から第二章までの4年間でメンバーはそれぞれ怒涛のように活動していた。ソロ・客演ともに物凄い枚数・曲数だ。当初「ペイジャーと雷の子供」として受けたパワーをがむしゃらに放電していただけの彼らだが、セカンドはニトロとして、ニトロのヒップホップをアルバム単位で見せなければならない最初の戦いだったと言えると思う。

■ニトロのアルバムが出る少し前の春に、雷家族のアルバムがリリースされた。2000年代急激に日本のヒップホップが洗練されてゆく中でリスナーが求めていた土臭さを、先輩達の底力で懸命にパッケージしようとした "330 more answer no question" は、のちに発売されるニトロと好対照をなす作品だったと思っている。新星堂と手を組んでの怒涛のプロモーションなどでポップス層にも大きくアプローチしたニトロに掛かった期待は、雷家族のそれとは別の種類のものだったのだろうけれど、しかしそれでも、衒いという衒いを全て捨て去って新たなフル・アルバムを作り上げたこの英断が評価されづらいのは、歯痒い。

■ライブ(もしくはライブ映像)を見て判る通り、彼らは勿論ラッパーとしてテクニシャンな訳ではない。だから、作品のシンプルさが圧倒的なスキルに裏打ちされていたりはしない。が、完成した楽曲は、「ニトロのセカンドとしてこれ以上の正解があるのか!?」と思うほど芯の強いものだと思う。恐らく彼らは、ニトロの作品を最高にクール&ドープなものにする、ということ意外は眼中になかったのだと思う。そんな中で"Thrill Flight"のような曲が出来てしまったのならば、あの時のS-WORDの言葉は、やっぱり死ぬほど格好良い台詞だったのだと思う。「俺はヒップホップに生活感を感じちゃったんだよね」…彼がその当時口にした「生活」と今の「生活」はまるで違う筈だけれど、今でもS-WORDがそれを感じているかどうか、気になる処だ。

※9月12日修正



文:歪R
2007.08.13 Monday | ジャムパン買って来い。今すぐ。 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2009.04.06 Monday | - | - | -
<< 大阪のクラブシーン事情 | main | BUDDHA BRANDとの遭遇 >>
コメント
コメントする