スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.06 Monday | - | - | -
ILL SLANG BLOW'KERを聴いての感想
"ハレンチ☆日本語ラップ学園"の内容があまりハレンチ☆じゃなくて少しガッカリしたエッチな読者の皆様(ボクもです!)こんにちは!歪Rです。ひどく、間が空いてしまいました。

■最近、ようやくIll Slang Blow'kerのCDRを聴く事が出来た。福岡を出発し、ツアーをしている間にメンバーが散って行き、東京に着く頃にはBIG FACEとFREEZだけになっていたという(注1)このグループの事を知ったのは2年前ぐらい。その時このCDRはもう既にどこにも売っていなかったので、《WE NODへの再入荷》だけが頼みの綱だったのだけれど、大学で奇跡的に彼らの直接の友人と出会い、後にAZZUROがマスタリングを施して再発する事となったこの名盤に、ようやく辿り着く事が出来た。SBTA君ありがとう。

■4MCのラップは必ずしもハイスキルとは言えないだろうし、ジャズのレコードを掛けっ放しにした『B IN 親不孝』以外は、音がキャッチーな訳でもない。それでもきっと、このEPに魅力を感じたのは、低音質萌えの捻くれたデモ音源フェチだけじゃないのだろう。

■ラップが上手い人はいくらでもいる。ハイクオリティなヒップホップ・アルバムを作れるラッパーも沢山いる。ムラが無く、均整の取れた栄養価の高いトラック。的確に自分の歌うべきトピックを見極め、真摯に綴られたラップ達。要所要所に花を添えるフィーチャリング勢。平均レベルが上がって、そういう事が当たり前になったからこそ、浮き出てくる《予定調和》とか《妥協》というコトバ。身の程を弁え、上手い着地点を見つけた時点で終了している寂しさ。

■それがイルスラングのEPには無かった。と、比較するのも実は変な話で、なぜなら、そもそもこのEPには、隙間やムラが沢山ある。とにかくフットワークの軽いYURAのラップは小気味良く聴きやすいが、BIG FACEが途中でリズムを脱線する事とか、FREEZの声が前に響かずよく聴き取れない事とか、"One On One"のNUFFTYのリリックがあまりに無防備だとか、「隙」の箇所を挙げればキリが無い。

■しかしよく見るとその「隙」ひとつひとつに、「生活感」という切り離せないピースが嵌っている気がするのは、この盤が店で買ったものじゃなく、友人伝いで僕の耳に届いたものだからだろうか?「ツアーが終わる頃にはリヴィング・レジェンズみたいになってるつもりだった」(注2)というパンチラインをインタビューで残していた彼らの日本語によるラップは、どんな成功者が「未来は暗くない」と歌うよりも夢を見れるし、活き活きしていると思った。

注1・注2:磯部涼“ヒーローはいつだって君をがっかりさせる”参照。



文:歪R
2007.07.18 Wednesday | ジャムパン買って来い。今すぐ。 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2009.04.06 Monday | - | - | -
<< ハレンチに想いをこめて | main | シーモネーター & DJ TAKI-SHIT "時代と理解を超える機械" >>
コメント
コメントする