スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.06 Monday | - | - | -
とある才能との出会い
先物買いは尊敬の眼差しを浴びれる。そんな卑しい気持ちでダイヤモンドの原石の様な未知のアーティストをDIGってる人は、あまり居ないと思うけどやっぱり見つければ嬉しいもの。例えそれが信頼出来る人達の選別作業の上に成り立ったアーティストで、それを横取り感覚で紹介しても悪い事ではないはず。だって、共有したいじゃない!そして1人でも多くの人達に聴いて欲しいって想いもあるし、何より良い意味でのネタはいつだって必要。

最近見つけた日本語ラップ関連を扱ってる凄いブログが2つあって、何とその2つのブログで同じ名前を絶賛していたんですよね。しかも全く聴いた事のない名前。頭の片隅に今日の面白そうなテレビ番組メモと共に置いといたんだけど、ちょっとだけ時間を置いてそのアーティストの作品を試聴をしてみたら、少しだけゾゾゾとした。良い音楽との素晴らしい出会い。鳥肌が立つ様な事は滅多にないけど、軽い痺れを感じた。これは、もしかするともしかするかも?という曖昧なニュアンスで一歩出遅れた先物買いをしようと思った。早く名前を言えって?

名前は小林大吾。どうやら一度は彼が参加した曲を聴いていたみたいだ(SUIKAの作品に参加)。新宿スポークン・ワーズ・スラム(SSWS)の年間グランドチャンピオンシップでタカツキに次いでの準優勝を果たしている。その後、日本語ラップシーンでは著名な古川耕氏の薦めでアルバム製作に取り掛かったとか。詩、トラック、ジャケットとアートワークを含め全要素を自らセルフプロデュースしたアーティスト感丸出しな人。タカツキやSUIKAのカラフルでセンシブルなジャケットも彼の仕業らしい。蜘蛛の糸の様な細い繋がりはこれまでリスナーという立場から持っていた事に驚きだが、楽曲のそれもまた新鮮だった。

志人、なのるなもない(降神)にも共通するであろうポエトリーの要素。ラップとの境界線が曖昧に見えるけど、その"ラップかどうか"という識別意識を排除させる力強さと言うのかな。この小林大吾にはそうした縛りのある音楽的観念から解き放ってくれるような魅力を持っている。深々と湧き上がる感情を乾いた質感で表現したトラック上で、ピョンピョンと言葉を跳ねさせて楽しんでる様。正直、スタンダードな位置からのヒップホップが離れ著しい僕にとっては格好の素材!何か良い音楽ないかなーっていう寄り道をしてる途中で「ああ、そうそうこういう逸れ方をしたかったんだよなぁ」って思わせるドンピシャな感じ。ただその瞬発的なフィーリングで、こんな文章を恥を忍んで書いています。この文章をネタ元の人が見るのかどうか、とても微妙な塩梅だとは思いますが、仕方ない奴だなっていう大人の目線でスルーして頂けると助かります。つい一時間前に出会った音楽をコラムに起こす図々しさはそこそこに、明日にでも小林大吾の作品を買いにタワレコに走って参ります。(まだ買ってなかったんかーい!)(インド人がナンを手から落とした。)

下記のページで試聴出来るのでどうぞ。

小林大吾のHP
http://www.wildpinocchio.com/

FLY N' SPIN RECORDSのMySpace
http://www.myspace.com/flynspinrecords


文:ヨウヘイ
2007.11.26 Monday | ハレンチ☆日本語ラップ学園 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2009.04.06 Monday | - | - | -
<< 気付け/築け feat. V.A. | main | ジャムパン的2007年の記録 >>
コメント
コメントする